Hh Hh
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

H は、ラテン文字(アルファベット)の8番目の文字。小文字は h

字形

はじめの字形がある。

  1. 2本の縦棒とそれを中央で結ぶ横棒から成る。大文字は普通この字形である。
  2. 右の縦棒の上半分を欠く。右の角は丸まり、左の交点も同じ方向に丸まる。小文字はこの字形である。フラクトゥールはのように、大文字、小文字ともこの字形である。

呼称

  • ラテン語・ドイツ語・オランダ語・インドネシア語、スラヴ語: ハー
  • フランス語: アッシュ
  • イタリア語: アッカ
  • スペイン語: アチェ
  • 英語: aitch, eitch(エイチ)/eɪtʃ/
  • アイルランド英語/オーストラリア英語: haitch(ヘイチ)/heɪtʃ/
  • ポルトガル語: アガー
  • エスペラント・フィンランド語・スウェーデン語・ノルウェー語、デンマーク語: ホー
  • 越南語: ハ

これらの呼称は

ラテン語「ha」→後期ラテン語 "aha" → "ahha" → "accha"
→イタリア語 "acca"
→スペイン語 "acche" → フランス語 "ache" → 英語 "aitch"

というような推移によるものと考えられている。

なお、英語名は、当初古いフランス語そのままにおおむね [aːtʃə] のごとく発音していたが、その後の規則的な変化(大母音遷移)により現在の音 [eɪtʃ] になっている。現在の英語では一般に単音節語の -aCe を [-eɪC] と発音する(ここで C は任意の子音とする)ものの、C にあたる位置に ch [tʃ] が立つ場合についてはほとんど例がないため、H [eɪtʃ] を ache と綴ることは通常行われない。ache という綴りは [eɪk] と発音する別の語彙に当てられている。

音素

  • ドイツ語や英語では原則として無声声門摩擦音/h/ないしその類似音を表す。ドイツ語では語頭以外で前に母音、またはt,rを伴うhは発音されない(複合語中のhは元の単語の発音に準ずる)。また、その前の母音を長く伸ばすように作用し、英語でもそうなる場合があり、この場合hの文字そのものは発音されない。
    • ドイツ語ではiの前で無声硬口蓋摩擦音[ç]を表すこともある(例えばHitomiなど)。
  • ポーランド語や中国語のピンインでは無声軟口蓋摩擦音/x/を表す。
  • 多くのロマンス語では発音されない。
    • フランス語では、「無音のh」と「有音のh」の2種類がある。両者とも単独では発音されることは無いが、有音のhで始まる単語はリエゾン・エリジオン・アンシェヌマンを起こさない(語頭以外のhはこの区別を考える必要は無い)。黙字#フランス語も参照のこと。
    • イタリア語では発音に関わらないhについては、英語のhaveに相当する動詞avereの活用、感嘆詞、外来語を除き、書かれなくなった。なお、hはcやgの後ろに置かれてcやgを/k//g/の発音に保つ働きを持つ。
    • 例外的に、ルーマニア語では/h~x/で発音される。ch, ghはイタリア語と同じ。
  • 多くの言語で、"ch", "ph" などのように他の子音字の後ろに置かれ、類似の別音を表す。摩擦音になることが多い。
  • 他の子音字の後ろに置いて有気音を表すことがある。タイ語やヒンディー語などの有声無声の区別、有気無気の区別の両方がある言語のローマ字表記で使用される。
  • 日本語のローマ字表記ではハ行の子音に用いる。但しヘボン式では「フ」の子音は他のハ行の子音と異なる為別の字 (F) を用いる。また、「ヒ」の子音も他のハ行の子音と異なるが、これには訓令式でもヘボン式でも他のハ行と同じHを用いる。長音の表記に使用する場合もある(佐藤='Satoh'という具合)。
  • 朝鮮語のローマ字表記では初声の「」に用いる。一般的ではないが、イェール式等、激音を示す為にも使用される表記法がある。

歴史

ギリシャ文字のΗ(エータ)に由来し、キリル文字のИとは共通の祖先を持つ文字である。現在のΗやИが母音字なのに対し、このHが/h/を表すのは、Ηの古い音韻(ヘータと呼ばれ、/h/を表した)に基づくものである。

Hの意味

学術的な記号・単位

  • 任意の17<N≤20に対するN進数において、十七(十進数の17)を1桁(1文字)で表すのに用いられる。

大文字

  • 水素の元素記号。
  • インダクタンスのSI組立単位、ヘンリー(大文字)。
  • 電磁気学における磁場(磁界)の意。
  • 熱力学におけるエンタルピーの意。
  • 解析力学におけるハミルトニアンの意。
  • 天気図における高気圧 (High pressure area) の意。
  • 洋楽の、ドイツ音名の1つ、「ハー」。イタリア式では「si」、日本式では「」、英米式や中国式では「B」に相当。→ロ (音名)
    • 音階の7番目の音であることから、音楽関係者の間で7を表す隠語として使われる。例:H(ハー)万=7万(円)
  • 大文字太字のHあるいはは、数学において四元数 (Hamilton) の全体を表す。
  • コンピュータプログラムで数値リテラルが十六進数 (Hexadecimal) であることを示す接頭辞または接尾辞。(例:マイクロソフト系BASICにおける「&HC9」、Z80のアセンブリ言語における「0C9H」)
  • 接眼レンズの中で、ホイヘンス形式を表す。
  • 真空管の端子の1つ。ヒータ (Heater)
  • (コ)ホモロジー

小文字

  • 高さ (height) の量記号
  • 100倍を表すSI接頭辞ヘクト
  • 時間(: hour、仏: heure)を表す単位(小文字)。
    • 例:1h23 = 1時23分。
  • 熱力学における比エンタルピーの意。
  • 量子力学でプランク定数。 (h = 6.6260693(11)×10-34 J·s) 。
  • C言語のヘッダファイル(ライブラリ)の拡張子。例 "stdio.h" = 標準入出力のライブラリ
  • hパラメータ、h行列。
  • フラクトゥールでリー環、とくにカルタン部分環
  • コクセター数

その他の記号

  • 平成の略記。
  • ドクターH - アニメ「チキチキマシン猛レース」の登場人物。
  • 鉛筆の芯の硬さを表す記号。Hard の頭文字。Fより硬く、以降硬くなるに従って2H、3H…となり、一番硬いのは9H。
  • エッチの意(hentaiの頭字)。
  • 高さ (Height)。⇔W(幅 Width)。
  • スリーサイズのうちのヒップ (Hip)。
  • 湯 (Hot) を表す記号。
  • ホテル (hotel) を指す記号。
  • ハードル競走の略。「100mH」「110mH」など。
  • 写植において、歯 (0.25mm) の略。
  • 国鉄・JR等の機関車で、動軸を8軸有するものの形式に付される記号。EH10、EH500、EH200。
  • 水銀灯。構内電気設備配線用図記号 (JIS C 0303:2000) で用いられる。HID灯の図記号に傍記。
  • 医用コンセント。構内電気設備配線用図記号 (JIS C 0303:2000) で用いられる。コンセントの図記号に傍記。
  • 位置表示灯内蔵スイッチ。構内電気設備配線用図記号 (JIS C 0303:2000) で用いられる。スイッチの図記号に傍記。
  • 電気業界で日立製作所を表す符丁。
    • auでも日立製作所製端末の略号。
    • 東海道新幹線でも、開業当初は日立製の編成を「H編成」と称していた。
  • ホールド (hold) の略。
  • 日本のプロ野球球団福岡ソフトバンクホークス (Hawks) の略号。
  • ケッペンの気候区分における、高山気候を表す。
  • 日本の地下鉄における駅ナンバリング制度では、札幌では札幌市営地下鉄東豊線(ToHo、東西線がTを使うため)、東京では東京メトロ日比谷線 (Hibiya)、名古屋では名古屋市営地下鉄東山線 (Higashiyama) を表す。
  • JR西日本の近畿エリアの路線記号で、JR東西線・片町線(学研都市線)を表す。
  • 水平対向エンジン (Horizontally Opposed Engine) の略。
  • 石井竜也のオリジナルアルバム→H (石井竜也のアルバム)。
  • 「H」又は「コミックH」は、株式会社ロッキング・オン (rockin'on) から出版された雑誌。
  • 田中康夫の小説→H (小説)。
  • 浜崎あゆみのシングル。H (シングル)。
  • フランスの自動車メーカーシトロエンが1947年から1981年まで発売していた貨物自動車→Hトラック(アッシュトラック)。
  • 桜井まちこの漫画。→H-エイチ-。
  • きんこうじたまの漫画。→H (アッシュ)。
  • 2002年公開の韓国映画。→H [エイチ]。
  • 英語の疑問詞におけるHow。詳しくは記事「5W1H」を参照のこと。
  • 韓国 (Hanguk) の略称に使われることがある。
  • ホームストレッチ (Homestretch) - 陸上競技場・競馬場・競輪場などで、決勝線のある側の略。HSとも。

符号位置

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
H U+0048 1-3-40 &#x48;
&#72;
h U+0068 1-3-72 &#x68;
&#104;
半角
U+FF28 1-3-40 &#xFF28;
&#65320;
U+FF48 1-3-72 &#xFF48;
&#65352;
全角
U+24BD &#x24BD;
&#9405;
U+24D7 1-12-38 &#x24D7;
&#9431;
丸囲み
🄗 U+1F117 &#x1F117;
&#127255;
U+24A3 &#x24A3;
&#9379;
括弧付き
U+1D34 &#x1D34;
&#7476;
ʰ U+02B0 &#x2B0;
&#688;
上付き文字
𝐇 U+1D407 &#x1D407;
&#119815;
𝐡 U+1D421 &#x1D421;
&#119841;
太字
𝐻 U+1D43B &#x1D43B;
&#119867;
U+210E &#x210E;
&#8462;
イタリック体
𝑯 U+1D46F &#x1D46F;
&#119919;
𝒉 U+1D489 &#x1D489;
&#119945;
イタリック体太字
U+210B &#x210B;
&#8459;
𝒽 U+1D4BD &#x1D4BD;
&#119997;
筆記体
𝓗 U+1D4D7 &#x1D4D7;
&#120023;
𝓱 U+1D4F1 &#x1D4F1;
&#120049;
筆記体太字
U+210C &#x210C;
&#8460;
𝔥 U+1D525 &#x1D525;
&#120101;
フラクトゥール
U+210D &#x210D;
&#8461;
𝕙 U+1D559 &#x1D559;
&#120153;
黒板太字
𝕳 U+1D573 &#x1D573;
&#120179;
𝖍 U+1D58D &#x1D58D;
&#120205;
フラクトゥール太字
𝖧 U+1D5A7 &#x1D5A7;
&#120231;
𝗁 U+1D5C1 &#x1D5C1;
&#120257;
サンセリフ
𝗛 U+1D5DB &#x1D5DB;
&#120283;
𝗵 U+1D5F5 &#x1D5F5;
&#120309;
サンセリフ太字
𝘏 U+1D60F &#x1D60F;
&#120335;
𝘩 U+1D629 &#x1D629;
&#120361;
サンセリフイタリック
𝙃 U+1D643 &#x1D643;
&#120387;
𝙝 U+1D65D &#x1D65D;
&#120413;
サンセリフイタリック太字
𝙷 U+1D677 &#x1D677;
&#120439;
𝚑 U+1D691 &#x1D691;
&#120465;
等幅フォント
記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2095 &#x2095;
&#8341;
LATIN SUBSCRIPT SMALL LETTER H
ʜ U+029C &#x29C;
&#668;
LATIN LETTER SMALL CAPITAL H
🄷 U+1F137 &#x1F137;
&#127287;
SQUARED LATIN CAPITAL LETTER H
🅗 U+1F157 &#x1F157;
&#127319;
NEGATIVE CIRCLED LATIN CAPITAL LETTER H
🅷 U+1F177 &#x1F177;
&#127351;
NEGATIVE SQUARED LATIN CAPITAL LETTER H

他の表現法

フォネティックコード モールス符号
Hotel ・・・・
ICS Hotel.svg Semaphore Hotel.svg ⠓
信号旗 手旗信号 点字

関連項目

  • Ĥ ĥ - サーカムフレックス
  • Ħ ħ - ストローク
  • Ḧ ḧ - トレマ
  • - セディーユ
  • Ȟ ȟ - キャロン
  • - ドット
  • Һ һ - キリル文字
ウィキペディア 無料のウェブ百科事典より・ ウィキペディアでの編集

関連する展覧会

Loading...